2019年9月21日(土)

関空再開、滑走路1本で まず国内線ピーチと日航

2018/9/6 23:52
保存
共有
印刷
その他

台風21号の影響で閉鎖が続く関西国際空港(大阪府泉佐野市)について、運営する関西エアポートは6日、一部の国内線を7日から再開すると発表した。2つある滑走路とターミナルビルのうち被害が少ない施設を活用する。復旧を急いでいるが、関係者からは全面再開には数カ月かかるという見方が出ている。

関空は冠水被害を受けて閉鎖していた。先行して運航を再開するのは格安航空会社(LCC)専用の第2ターミナルビルがある2期島の滑走路。LCCのピーチ・アビエーションと日本航空が一部の運航を再開する。発着数はピーチが新潟や成田線など17便、日航は羽田線を2便運航する。

 タンカーに衝突され破損した関西空港連絡橋(4日午後、関西空港海上保安航空基地提供)=共同

タンカーに衝突され破損した関西空港連絡橋(4日午後、関西空港海上保安航空基地提供)=共同

対岸を結ぶ連絡橋も7日に臨時シャトルバスを運行する。タンカー衝突の被害が少ない北側の上り線を対面通行にする。関空―神戸空港を結ぶ高速船も通常運航を始める。

完全再開までは時間がかかりそうだ。1期島の被害は大きく第1ターミナルは一部停電が続く。連絡橋は鉄道部分に約50センチの横ずれが発覚し鉄道の運行再開のめどが立たない。大阪府の松井一郎知事は「復旧は何カ月ベースとなる」と話した。

関空は国内、国際線の貨物を含む1日発着数が500回を超え、再開分は1割に満たない。関西経済への影響は依然として残る。村田製作所は6日、成田空港から電子部品の代替出荷を始めた。

台風21号では1府3県で12人が死亡した。住宅約1000戸が損壊などの被害を受けた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。