2018年11月18日(日)

チューブ状の筋肉、細やかな指の動き再現 電通大など

コラム(ビジネス)
科学&新技術
2018/9/7 11:30
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

電気通信大学大学院生の高橋宣裕さんと東京工業大学の小池英樹教授らは、チューブ状の人工筋肉を使い、人間の細やかな指の動きを再現する装置を開発した。手に装着すると、人工筋肉が指の動かし方を支援する。楽器の演奏技術や匠(たくみ)の細やかな手の動かし方を学ぶのに役立つ。5年後をめどに技術の確立を目指す。

人工筋肉の装置をつければ勝手に指が動いてピアノを演奏できる

人工筋肉の装置をつければ勝手に指が動いてピアノを演奏できる

人工筋肉は直径3ミリメートルで、空気を送り込むと最大で25%縮む。開発した装置は、関節に合わせて計40本の人工筋肉を張り巡らせた。それぞれの指に取り付けた4本の人工筋肉の空気圧を調節することで、細かく指を動かす。1秒間に10回の動きが可能という。

例えばピアノの演奏では、最初に指の第二関節を曲げてから第一関節を曲げるとやわらかい音が出る。第二関節を曲げてからはじくように伸ばすと、力強い音になる。装着すると指が勝手に動き、初心者でも鍵盤のたたき方を身につけられるという。ベートーベンのピアノ曲「エリーゼのために」の指の動かし方を再現したところ、うまく演奏できた。

人工筋肉はモーターで動かさず、素材も軽いため、指につけても負担が小さく、装着しやすい。今後、人工筋肉を組み込んだグローブを作り、簡単にはめて使えるようにする。手だけではなく全身用のアシストスーツを開発すれば、スポーツなどの動きを教えるのにも使えるとみている。

これまでも仮想現実(VR)向けなどで指の動きを外から変えるデバイスはあったが、非常に大がかりなうえに、指を引っ張ることしかできなかった。楽器の演奏や繊細な指の動きを学ぶには不向きだった。

(科学技術部 中島沙由香)

[日経産業新聞 2018年9月7日]

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。申し込み月無料でご利用いただけます。

 

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報