2018年9月26日(水)

イマオコーポ、機械の監視システム 信号灯を活用

自動車・機械
中部
IoT
2018/9/6 20:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 工場にある機械の信号灯を活用し、手軽に導入できる機械の監視システムを機械部品製造のイマオコーポレーション(岐阜県関市)が開発した。生産ラインを改造したり、計測機器を取り付けたりする手間を省き、機械の稼働状況を細かく把握することができる。トヨタ自動車の愛知県内の工場に納入するなど徐々に導入が広がっている。

 新開発した監視システム「ファクトリーステーション」は、工場にある機械の信号灯のデータを使うの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報