2018年9月18日(火)

長野県、教育や産業振興でソフトバンクと連携

ネット・IT
北関東・信越
2018/9/6 22:00
保存
共有
印刷
その他

 長野県は6日、ソフトバンクと包括連携協定を結んだ。教育やスポーツ、産業振興などの分野で、同社のICT(情報通信技術)を活用した事業を展開する。

締結式に臨んだ青野史寛専務執行役員(右)と阿部知事(6日、長野県庁)

 最初の事業として、2027年に長野県で開く国民体育大会に向け、同大会出場を目指す県内の小学生40人にタブレットを今月貸与する。端末で練習風景などを撮影して送ることで遠隔地でもコーチの指導を受けられるようにし、ジュニア選手の能力向上を図る。

 産業分野ではICTを活用した創業支援事業などを検討する。同社の知見を生かした研修会なども開催する。

 ソフトバンクの社員食堂で長野県の物産販売もするほか、ICTを活用した子育て支援なども進めるという。

 ソフトバンクが都道府県と包括連携協定を結ぶのは京都府などに続き5例目。阿部守一知事は協定調印式で「長野県の産業振興に着実につながるような企画を考えていきたい」と語った。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報