/

この記事は会員限定です

紅屋青木煙火店 脱サラで花火製造、東京に販路

(老舗の研究)

[有料会員限定]

夏の夜空を彩る打ち上げ花火。全国有数の花火産地である長野県北部でも、日本煙火芸術協会の青木昭夫・現会長を出すなどトップランナーの1社が紅屋青木煙火店(長野市)だ。大正時代から連綿と受け継がれた製法を守りつつ、新たな試みを取り入れて発展してきた。

紅屋青木煙火店が商売として花火を作る「煙火師」を始めたのは1916年。それまで地域ごとに伝わるものを神社の氏子が作っていた打ち上げ花火を、専門に扱う業者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン