2018年11月20日(火)

住商、米国産LNG調達倍増へ 現地企業と協議

環境エネ・素材
北米
2018/9/6 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友商事は、米国テキサス州で液化天然ガス(LNG)を生産し調達を多様化する協議を始めた。現地の液化基地の運営会社が建設中の液化基地で2023年から20年間にわたり、年間約200万トンを委託加工する計画。住商の米国産LNGの調達力は2倍近くになる見込みだ。

住商の米国子会社が現地時間の5日に明らかにした。液化基地は運営する米フリーポートLNG社にとって4カ所目となる拠点。住商はフリーポートLNGと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報