/

首相「7日朝までに100万世帯の停電復旧めざす」

安倍晋三首相は6日夕、最大震度7を観測した北海道での地震に関する関係閣僚会議で、道内の送電について「7日朝までに全体の3分の1にあたる100万世帯を超える皆さんへの供給再開をめざす」との考えを示した。水力発電所や火力発電所の再稼働により、札幌市の一部などすでに30万戸へ送電を再開したと強調した。

首相は「これまでに9人が亡くなり、厚真町を中心に安否不明者が多数にのぼっている」と説明した。同会議は6日朝に続いて2回目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン