2018年9月26日(水)

キリンビバ、ビッグデータで「ファイア」刷新

コラム(ビジネス)
サービス・食品
2018/9/10 11:16
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

 キリンビバレッジは10月、缶コーヒー「ファイア」ブランドを刷新する。対話アプリ「LINE」と連動させた自販機で集めた顧客データを活用して商品ごとの飲用シーンなどを分かりやすく訴求する。

ファイアの刷新により苦戦する缶コーヒーをテコ入れする

ファイアの刷新により苦戦する缶コーヒーをテコ入れする

 缶コーヒー市場はペットボトル入り商品の台頭などに押されているが、刷新を機に苦境を打破する考えだ。

 顧客データを基にショート缶やボトル缶など7品目を刷新する。ビーコン端末を搭載してLINEと連動させた自販機サービス「タピネス」で収集したビッグデータを初めて活用した。

キリンビバ、LINEと連動させて自販機経由でビッグデータを収集する

キリンビバ、LINEと連動させて自販機経由でビッグデータを収集する

 LINEを起動させたスマートフォン(スマホ)を自販機にかざして購入すると、ポイントが付与される。ポイントがたまると好きな飲料と無料で交換できる。対応する自販機は約2万台ある。

 キリンビバは、購入時間や購入者の年齢などのビッグデータを商品開発や販売促進などのマーケティングに生かす。

 ショート缶「くつろぎブレンド」では、午後3時前後の休憩をメーンの飲用シーンとして打ち出す。ミルクや砂糖を使用し、缶には「やすらぐ香りと甘さ」と表記。飲用シーンを想定した味わいに仕上げている。

 コーヒー市場の変化は激しさを増している。2017年にサントリー食品インターナショナルが「クラフトボス」を発売したことで、ペットボトルコーヒーの需要が拡大する一方、缶コーヒーは苦戦している。自販機での売り上げも低迷している。

ペットボトル飲料の台頭で販売量は落ち込んでいる

ペットボトル飲料の台頭で販売量は落ち込んでいる

 飲料総研(東京・新宿)によると、17年の自販機1台当たりの清涼飲料の販売量は前年比1%減の223ケース。コンビニエンスストアやドラッグストアに顧客が奪われ、ここ5年で6%減少している。ファイアの17年の販売量も前年比8%減の2563万ケースだった。競合他社も苦戦する。

 利益率の高い缶コーヒーは全体の利益を左右する。キリンビバはビッグデータを他ブランドの商品力強化にも活用する考え。各社も顧客データ収集には力を入れており、競争が激化しそうだ。

(企業報道部 湯前宗太郎)

[日経産業新聞 2018年9月5日付]

日経産業新聞ビューアーが10月末まで無料!

【秋割実施中!10月末まで無料!】
 各業界の新製品や新規事業についてまとめ読みできる日経産業新聞ビューアーが、今お申し込みいただくと10月末まで無料!自社の戦略立案に活用できます!

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報