2018年11月14日(水)

李明博氏に懲役20年求刑 韓国検察

政治
朝鮮半島
2018/9/6 17:58
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国大統領の在任中に多額の賄賂を受け取ったなどとして起訴された李明博(イ・ミョンバク)元大統領の公判が6日、ソウル中央地裁で開かれた。聯合ニュースが伝えた。検察側が懲役20年を求刑し、李被告側は無罪を主張して結審した。判決は10月5日に言い渡される。

検察は、李被告が自動車部品会社の資金約350億ウォン(約35億円)を横領したほか、サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の赦免に絡んで約110億ウォンを収賄したとし、「前例を見つけるのが難しい腐敗事件だ」と主張。懲役刑に加え、罰金150億ウォンと追徴金約111億ウォンを科すよう求めた。

李被告は公判で「起訴内容は(在任中)不正腐敗と政経癒着を最も嫌って警戒してきた私にとって、あまりに屈辱的だ」と述べ、容疑を全面的に否認した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報