2018年9月22日(土)

自動車総連会長 「格差是正へ絶対額が焦点」
定期大会 春闘交渉巡り

自動車・機械
2018/9/6 17:39
保存
共有
印刷
その他

 自動車業界の労働組合で組織する自動車総連は6日、福島県郡山市で定期大会を開いた。高倉明会長は記者会見で2019年の春季労使交渉(春闘)について「問題意識として格差是正と底上げがある」と述べた。格差是正の実現には「(賃金の)上げ幅だけでなく、絶対額に焦点を当てた取り組みが寄与する」と強調した。

 18年春闘で自動車総連は月額3000円以上のベースアップ(ベア)を統一要求に掲げた。直接雇用の非正規労働者については、賃金の改善の目安を時給20円と実額で示した。

 19年春闘の方針はこれから議論するが、高倉会長は「具体的な要求や闘争のあり方まで含めて検討する」と説明した。非正規労働者の待遇改善についても「より焦点を当てる必要がある」として、これまでの流れを踏襲する姿勢を示した。

 米中間など世界で広がる貿易摩擦については「春闘でも経営側は先行きの不透明感を議論に挙げるだろう」と指摘した上で、「このような状況だからこそ人への投資を呼びかけたい」と話した。

 不適切な完成車検査など自動車メーカーの不祥事については、「労組として経営を監視する役割をしっかりと果たしたい」と述べた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報