/

JASRAC 映画音楽使用料2割程度引き上げ

日本音楽著作権協会(JASRAC)は6日、映画館で上映される映画の音楽の使用料を11月から変更すると発表した。洋画を対象に2021年3月まで、上映するスクリーン数に応じて使用料を徴収する。JASRACの試算では15~20%の増額になる。今後、邦画に比べて少ない洋画の使用料について、見直しを進める。

洋画の上映使用料は興行収入などにかかわらず、1作品につき18万円だった。11月から、上映されるスクリーン数に応じて6種類の使用料額を設定する。例えば100スクリーンで上映される映画の場合、使用料は20万円になる。最大額は500スクリーン以上で30万円。上映使用料は配給会社が映画館運営会社の業界団体である全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)を通じ、JASRACに支払っている。

欧州などでは興行収入の1~2%を使用料として徴収するのが一般的だ。徴収額が海外と比べて低いため、海外の著作権管理団体から改善を求められていた。邦画は曲数と封切り時のスクリーン数に応じた使用料を徴収しており、邦画と洋画の格差も問題だった。

21年4月以降、洋画も邦画と同じように楽曲数とスクリーン数に応じて徴収できるように見直す方針で、20年内の合意を目指す。将来的には欧州と同じように興行収入の1~2%を徴収できるように協議を続けていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン