2018年9月23日(日)

認知症を早期発見、バイテックHDなど解析技術開発

ヘルスケア
2018/9/6 16:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 認知症を少しでも早く見つける技術の開発が活発になってきた。電子部品商社のバイテックホールディングス(HD)は6日、大阪大学と組んで微量の血液から原因物質を検出する技術を開発すると発表した。日立製作所やエーザイなども異なる手法に取り組む。認知症は早期発見が難しいのが課題だ。技術開発が進めば患者の生活改善や新薬の開発に生かせる。

 バイテックHDは子会社の計測器販売のバイテックグローバルエレクトロニク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報