/

この記事は会員限定です

認知症を早期発見、バイテックHDなど解析技術開発

[有料会員限定]

認知症を少しでも早く見つける技術の開発が活発になってきた。電子部品商社のバイテックホールディングス(HD)は6日、大阪大学と組んで微量の血液から原因物質を検出する技術を開発すると発表した。日立製作所エーザイなども異なる手法に取り組む。認知症は早期発見が難しいのが課題だ。技術開発が進めば患者の生活改善や新薬の開発に生かせる。

バイテックHDは子会社の計測器販売のバイテックグローバルエレクトロニクス(東京・品川)を通じ、アルツハイマー型認知症...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン