ガルーダ社長「手ごろな五つ星航空目指す」

2018/9/7 0:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ガルーダ・インドネシア航空のパハラ・マンスリ社長は日本経済新聞のインタビューに応じ、今後の戦略について「手ごろな価格の五つ星航空会社を目指す」と語った。不採算路線の削減を含む経営改革を通じ、赤字に苦しむ会社の業績を立て直す方針を示した。

パハラ氏は経営改革の柱が「不採算路線からのさらなる撤退や機体のリース契約の見直しなどによるコストカット、子会社収入の拡大」になると強調した。営業戦略では「乗客か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]