/

この記事は会員限定です

ガルーダ社長「手ごろな五つ星航空目指す」

[有料会員限定]

ガルーダ・インドネシア航空のパハラ・マンスリ社長は日本経済新聞のインタビューに応じ、今後の戦略について「手ごろな価格の五つ星航空会社を目指す」と語った。不採算路線の削減を含む経営改革を通じ、赤字に苦しむ会社の業績を立て直す方針を示した。

パハラ氏は経営改革の柱が「不採算路線からのさらなる撤退や機体のリース契約の見直しなどによるコストカット、子会社収入の拡大」になると強調した。営業戦略では「乗客か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン