/

この記事は会員限定です

孫氏の異色出資、衛星と鉱山とVRの勝算

AIに10兆円、孫正義氏の勝算(1)

[有料会員限定]
日経コンピュータ
配車アプリから半導体、自動運転、金融、医療、衛星通信、農業、鉱山開発まで――。孫正義氏が率いるソフトバンクグループと10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の投資先は一見するとバラバラであり統一感が全くない。出資先への取材を基に孫氏の目利き力を検証する。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどが出資する異色の3社。各社の最高経営責任者(CEO)が日本メディアの取材に初めて応じ、事業構想を明かした。早速見てみよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4713文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン