ネット裏から

フォローする

リーグ3連覇目前 広島支えるぶれぬ強化方針
スポーツライター 浜田昭八

(1/2ページ)
2018/9/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

広島のセ・リーグ3連覇達成が目前に迫った。近年では巨人が2012、13、14年に3連覇しているが、パ・リーグの3連覇以上は1990~94年の西武5連覇までさかのぼらねばならない。ドラフト制で戦力均衡化が図られている今では、勝ち続けるのは本当に難しい。

今季の広島はそれを"難なく"といえる状態でやってのけようとしている。好スタートを切って4月24日、13勝9敗で首位に立った。以後、一度も首位の座を譲ることなく、ゴールへ飛び込もうとしている。昨季好調だった阪神、DeNAがもたつき、巨人にも勢いがない。終盤になってヤクルトの抵抗に遭ったが大きな障害にはならず、"1強5弱"の独走状態だった。

上位打線固定、攻撃陣が威力

戦力は投打ともに充実していたが、わけても長打あり、足攻ありの攻撃陣が威力を発揮した。3番丸佳浩、4番鈴木誠也を中心に、上位打線が固定された。規定打席不足組の中にも、意外性のある3割打者会沢翼、長打力のあるバティスタがいて、スキのない打線を形成している。

3番丸、4番鈴木を中心に上位打線が固定された=共同

3番丸、4番鈴木を中心に上位打線が固定された=共同

投手陣では大瀬良大地がエースにふさわしい活躍。勝ち星、防御率、勝率の投手3冠を獲得しそうな勢いだ。左腕ジョンソンは来日4年で3度目の2桁勝利をマークした。1、2年で消える外国人が多い中で、ひときわ光る優良外国人選手だ。中継ぎ陣が不安だったが、打線が援護してフランスア、アドゥワ誠が勝ちパターンに加わるようになった。

今やビジターで訪れる敵地の観客席をも真っ赤なカープカラーに染めるほどの人気球団になったが、その球団史は苦難に満ちていた。セ、パ2リーグ分立の50年に発足したが、財政難で戦力がそろわなかった。75年にルーツ監督を引き継いだ古葉竹識監督のもとで初優勝するまでに、実に4半世紀を要した。この間、Aクラスに入ったのは、68年に根本陸夫監督で3位になった1度だけだった。

古葉、阿南準郎、山本浩二、三村敏之が監督だった70年代から90年代にかけては、毎年優勝を争う強豪になっていた。それでも苦難は続いた。川口和久、江藤智ら投打の主力が巨人へ移籍した。球団は自前で選手を育てるという方針をかたくなに守り、フリ-エージェント(FA)制に背を向けた。00年代に入ってもこの方針は曲げず、金本知憲、新井貴浩が去り、黒田博樹、前田健太の大リーグ入りにも寛容だった。新井、黒田はのちに広島へ復帰したが、この時期に監督を務めた野村謙二郎は主力の流出に苦しんだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

ネット裏から 一覧

フォローする
阪神・近本はドラフトで「外れ、外れの1位」だったが、超一流の快足を武器にレギュラーの座をつかんだ=共同共同

 「くじ運が悪いなあ」という阪神ファンの嘆きを、昨年のドラフト会議が終わったあと散々聞かされた。1位指名で他球団と競合した藤原恭大(大阪桐蔭高―ロッテ)、辰己涼介(立命大―楽天)の抽選で敗れた。「運の …続き (10/13)

阪神・鳥谷は今季、代打要員に甘んじてきた=共同共同

 どんな優れたアスリートでも、現役引退は避けられない。競技に対する知識、愛着はあふれるほどにあっても、加齢とともに体力が衰える。トップレベルの技術を維持するための練習がままならぬ状態になって、引退が脳 …続き (9/15)

今年のフレッシュオールスター戦の試合前、ポーズをとる(左から)ロッテ・藤原、日本ハム・吉田輝、中日・根尾、広島・小園。昨夏の甲子園をわかせ、プロに進んだ球児たちだ=共同共同

 昨夏の高校野球甲子園大会の決勝戦で、大阪桐蔭(北大阪)は13―2で金足農(秋田)を下して優勝した。準決勝戦までの全5試合で完投した金足農のエース吉田輝星は消耗著しく、決勝戦では5イニングで12点を失 …続き (8/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]