/

「五輪チケットあげる」メール詐欺か

「2020年の東京五輪のチケットを無料でプレゼントする」などと書いたうそのメールを送って偽サイトに誘導し、金銭や個人情報を盗もうとするフィッシング詐欺が9月から日米を標的に始まったとみられることが6日、シンガポールの情報セキュリティー企業「アントゥイット」の分析で分かった。これまで具体的な被害は表面化していない。

東京五輪のチケットをプレゼントするという内容の日本語フィッシングメール。英文を機械翻訳したような不自然さがある(アントゥイット提供)=共同

大会組織委員会は「詐欺被害を防ぐため、チケットは販売前だと周知している。フィッシング詐欺も想定しており、情報収集と注意喚起を続ける」とコメントした。

アントゥイットによると、詐欺に関与しているとみられるハッカー集団は8月ごろから、通常の検索エンジンでは見つからない「ダーク(闇)ウェブ」上で手順を議論。

メールアドレスや偽サイトのURLに「tokyo2020」など、だましやすいものを使うことや、メールの文面案を話し合っていた。9月に入ってからは「日米の約17万人に対する攻撃を始めた」との書き込みがあった。複数回の攻撃を仕掛けるとしている。

機械翻訳されたような日本語のメール文面も見つかり「チケットは無料で、6万8千円分のギフト券もプレゼント」との内容が書かれていた。

偽サイトを開くとウイルスに感染し、パソコンやスマートフォンの中の情報が外部に送られる。情報は銀行口座から金銭を引き出したり、別のサイバー攻撃に使う情報を探すのに使われたりするとみられる。

アントゥイット日本法人バイスプレジデントの五十嵐修平氏は「やりとりの内容から、ハッカー集団は中国系である可能性が高い。世界の注目を集める東京五輪をターゲットにした攻撃は、今後も続くだろう」と注意を呼び掛けた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン