2018年11月18日(日)

暗殺未遂事件、「ロシア情報機関員の犯行」英首相

ヨーロッパ
2018/9/5 22:38
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=小滝麻理子】英国のメイ首相は5日、英南部で3月にロシア元情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏らが神経剤ノビチョクで襲撃された事件に関して議会で報告した。メイ氏は「犯行はロシアの2人の情報機関員によるものだ」と発言。「ロシア国家の高いレベルが関与した」とも述べ、プーチン政権の関与を強く示唆した。

ロンドン警視庁が提供した容疑者の顔写真=ロイター

同日、英捜査当局は2人のロシア人容疑者の写真を公開。「十分な証拠がそろった」として「欧州逮捕状」を取得したことを明らかにした。

メイ氏は容疑者2人がロシア軍の情報機関(通称GRU)の職員であると述べ犯行時の足取りなどを説明。「はぐれ者の犯行ではない」とも話し、ロシア政府の何らかの承認があったとの見方を示した。

同事件を巡り、欧米とロシアが互いに外交官を追放する事態に発展している。メイ氏はGRUが近年活動を活発化していると語り、「各国は団結して対抗手段を一段と強めるべきだ」と訴えた。

欧州逮捕状取得で、英国は欧州連合(EU)各国に容疑者の拘束と引き渡しを要求できるが、実現するかは不透明だ。ロシア側は事件関与を否定しており、容疑者の引き渡しにも応じないとみられる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報