2019年9月17日(火)

鈴与、ニプロファーマと医薬品倉庫

2018/9/5 22:00
保存
共有
印刷
その他

鈴与は5日、医薬品受託製造のニプロファーマ(大阪市)と組み、同社伊勢工場(三重県松阪市)に医薬品専用物流棟を新設したと発表した。共同で総額15億円を投じ、9月中に本格稼働する。温度や湿度を管理でき、ニプロファーマが製造した医薬品の出入荷や保管、輸送を鈴与が担う。

新物流棟は9月中に本格稼働する(三重県松阪市)

新物流棟は3階建てで、延べ床面積は3900平方メートル。自動ラック倉庫や保冷庫、低湿度保管庫などを備える。施設内の防虫や温湿度の管理を徹底。異常時に関係者の携帯電話に通報するシステムや停電時のバックアップ電源も導入する。

鈴与とニプロファーマは2017年5月に医薬品物流で業務提携し、新物流棟は初の協業案件になる。今後は医薬品の適正な流通や品質を認める国際基準「GDP」の対応に共同で取り組む。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。