宮崎県綾町の「ぶどう豚」をくんせいに 雲海物産

2018/9/5 19:56
保存
共有
印刷
その他

加工食品メーカーの雲海物産(宮崎市)は宮崎県綾町の「ぶどう豚」を使った「ぶどう豚くんせい」を発売した。同社の主力ブランド「鶏のささみくんせい」のくんせいづくりへのこだわりを生かし、ぶどう豚をラインアップに加えた。酒のつまみや料理の食材として売り込む。宮崎空港の売店や綾町の「蔵元 綾 酒泉の杜」「綾自然蔵見学館」で販売する。

雲海物産の「ぶどう豚くんせい」

ぶどう豚はワインを造る過程で生じるポリフェノールを含んだぶどうの皮や種を飼料に混ぜて育てた豚。ぶどう豚くんせいはぶどう豚と日向市産の海塩のみを使用、軟らかな肉質で臭みのない商品に仕上げた。価格は60グラム入り2袋で900円。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]