2018年11月16日(金)

伊予銀、旧川之石支店を寄付 創業の地、八幡浜市と協定

金融機関
中国・四国
2018/9/5 19:53
保存
共有
印刷
その他

伊予銀行は5日、「創業の地」である旧川之石支店(愛媛県八幡浜市)の土地と建物を八幡浜市に寄付した。同支店は1878年に前身の第二十九国立銀行本店として開設。2016年に同市保内庁舎に機能移転し、現在はATMが設置されているのみ。伊予銀は「県内最初の銀行として共に歩んできた地を、地域の財産として有効活用してほしい」としている。

八幡浜市に寄付された旧川之石支店と記念碑

連携協定を結んだ伊予銀の大塚岩男頭取(中央右)ら(5日、八幡浜市)

伊予銀と八幡浜市、地元商工会などの4者は5日、「旧川之石支店を生かした地域の活性化に向けた連携・協力協定書」を締結した。今後、建物の維持管理の方法や活用方法について情報交換を行っていく。

現在の旧川之石支店は1979年に建設された鉄筋コンクリート造り2階建てで、面積は266平方メートル、土地面積は1556平方メートル。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報