2018年9月20日(木)

皇太子さま、訪仏前に記者会見 「両国の友好深める一助に」

天皇退位
社会
2018/9/5 19:50
保存
共有
印刷
その他

 皇太子さまは5日、7~15日のフランス訪問を前に、東京・元赤坂の東宮御所で記者会見された。外国訪問での国際親善を「皇室が果たすべき役割の中で重要な柱の一つ」とし、今回の訪問を通じて「将来の相互理解と友好関係を深めていくうえでの一助となるよう願っております」と抱負を述べられた。

 今年は日仏修好通商条約締結から160年の節目。皇太子さまはフランスで日本文化を紹介するイベントなどに出席するほか、絹織物やワインなどフランスの伝統文化にも触れられる。

 記者会見で、皇太子さまは両国は長い交流の中で「互いによい影響を与えながら今日の発展と友好関係を形作ってきた」と指摘。「交流と友好親善がさらに深まることを期待しています」と述べられた。

 皇太子さまは2019年5月以降、新天皇として皇室の国際親善を担われる。次世代の天皇像を問われ、「陛下のこれまでのなさりようを基礎として、日本の、そして世界の人々の幸せを祈りつつ、自分に何ができるかということを常に真剣に考えていきたい」と説明。その上で、ライフワークとする水問題への取り組みについて「これからどのように生かしていけるか、今後考えていきたい」と話された。

 今回、雅子さまは現地での日程や国内の公務を考慮し、同行を見送られた。皇太子さまは「焦ることなく慎重に少しずつ活動の幅を広げていってほしい」とした上で、新皇后となる雅子さまに対し、「外国で暮らした経験、あるいは仕事で外交に携わってきたことは必ず役に立つ」と期待を込められた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報