2018年11月19日(月)

アルプス、回生ブレーキ向け位置センサー

エレクトロニクス
2018/9/5 19:41
保存
共有
印刷
その他

アルプス電気は5日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の回生ブレーキに使用するポジションセンサーの新製品を開発したと発表した。ブレーキの踏み込み量を検知して、2系統に情報を出力できる。1系統の出力にしか対応していなかった従来品と比べてスイッチ部品を減らせ、体積やコストを削減できる利点がある。

アルプス電気の回生ブレーキ向けポジションセンサー「RD1030211」

回生ブレーキは減速時に車輪の回転力を電力に変換して蓄え、加速時に利用する。回生ブレーキに使うポジションセンサーでは電力を変換する回生システムとブレーキランプの2系統に信号を送る必要がある。従来は1系統のほかにスイッチ部品を使って信号を送っていたが、取り付けに手間が掛かり生産性も悪かった。

ニーズを受けてアルプス電気は2系統に出力できる新製品を開発した。回生ブレーキのほか、クルーズコントロールの解除用途にも利用できる。ブレーキに取り付けた後にズレを補正できるので、位置調整の手間を省ける。EVシフトが顕著な中国市場向けに販売する。

サンプル価格は税別1000円で、中国・大連の工場で21年度に月10万個の生産能力を整える。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報