/

この記事は会員限定です

龍馬生んだ高知市上町、老舗企業が新分野開拓

気鋭の経営者ら活躍

[有料会員限定]

幕末の志士、坂本龍馬が生まれた高知市の上町エリアで、新たな市場を切り開く企業の活躍が目立つ。けん引するのは老舗店や企業の30~40代の気鋭の経営者らだ。

創業87年の「くだものの山長」。店長の山本博志さん(49)は今夏、同県産のエメラルドメロンの硬さを測って食べごろを提案するサービスを始めた。「糖度ではなく、もっと個々の消費者によりそった尺度があるはず」。そんな思いから10年前から研究を続けた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン