/

この記事は会員限定です

中国関連銘柄が下落、景気減速懸念強まる

[有料会員限定]

5日の東京株式市場で中国関連株が幅広く売られた。中国国内の景気減速懸念が強まっており、機械や建機などの輸出関連銘柄の下げが目立つ。米国による中国に対する追加関税の発動が近いとの観測も重荷となり、相場全体の上値を抑える要因となっている。

この日はコマツが前日比4%弱下げたほか、日立建機やSMCは年初来安値をつけた。中国メディアと英調査会社が5日発表した中国の8月の非製造業購買担当者景気指数(PMI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン