2018年9月19日(水)

9/19 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価[有料会員限定]
  2. 2位: 東証前引け 大幅続伸、中国関連に買い戻し 上げ幅一時380円超に
  3. 3位: 米中貿易戦争でも株高のなぜ[有料会員限定]
  4. 4位: 東証後場寄り 上げ一服、国内投資家が利益確定売り 一時400円高も
  5. 5位: 東証14時 引き続き高い、週後半の重要イベント前に買い控えも
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,629,089億円
  • 東証2部 97,045億円
  • ジャスダック 100,999億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.70倍15.01倍
株式益回り6.80%6.66%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

スクランブル

フォローする

「積極投資で下落」は勝機か 景気サイクル、長期化の見方
証券部 富田美緒

2018/9/5 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 株式市場で設備投資やM&A(合併・買収)といった企業の成長投資への反応が鈍っている。過去の景気拡大期の終盤で積極投資に踏み切り、その後の減価償却に苦しんだ苦い記憶から、利益成長への期待はかき消されがち。一方、投資家の一部からは景気循環も企業の投資姿勢も「過去とは違う」との声もあがる。成長を買う動きが再び勢いづく可能性もある。

 「前向きな話でも売られる銘柄が増えている」。国内運用会社の株式担当者は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

相場と投資を読み解く

5日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム