2019年2月16日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,032,659億円
  • 東証2部 74,389億円
  • ジャスダック 88,344億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.24倍13.62倍
株式益回り7.55%7.33%
配当利回り1.91% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,900.63 -239.08
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,900 -290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

マイナンバーカードを保険証に 官房長官が指示[映像あり]

アマゾンがNY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2月15日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

「積極投資で下落」は勝機か 景気サイクル、長期化の見方
証券部 富田美緒

2018/9/5 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で設備投資やM&A(合併・買収)といった企業の成長投資への反応が鈍っている。過去の景気拡大期の終盤で積極投資に踏み切り、その後の減価償却に苦しんだ苦い記憶から、利益成長への期待はかき消されがち。一方、投資家の一部からは景気循環も企業の投資姿勢も「過去とは違う」との声もあがる。成長を買う動きが再び勢いづく可能性もある。

「前向きな話でも売られる銘柄が増えている」。国内運用会社の株式担当者は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム