/

この記事は会員限定です

増える「高架下保育園」 制約逆手に大胆プラン

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア

鉄道各社の連続立体交差事業推進によって生まれた高架下空間。その活用が活発化している。周辺地域のニーズに合わせて様々な用途が増えるなか、特に注目されるのが保育園だ。

高架からはみ出した庭をコの字に囲む

東京都足立区の北千住駅から徒歩10分弱、東武スカイツリーラインの高架下に、2017年4月に開園した「北千住どろんこ保育園」。前面道路に対して奥に長い敷地は、北西側が高架橋より少しはみ出ている。この部分は日がよく当たり、隣は寺で環境が大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン