2019年1月20日(日)

台風被害で特別融資 関西地銀が被災者対応

2018/9/5 17:53
保存
共有
印刷
その他

関西の地域金融機関が台風21号の被災者対応に動いている。災害復旧の支援を目的とする特別融資を受け付けるほか、本人確認ができれば通帳などがなくても預金を引き出せるようにする。

特別融資を実施するのは京都銀行や京都信用金庫、滋賀銀行南都銀行など。被害を受けた企業の運転・設備資金、個人の住宅の補修資金などとして使える。関西みらいフィナンシャルグループや池田泉州銀行も実施を検討する。

大阪シティ信用金庫は6日、出張所を除く85店で特別融資の相談窓口を設置する。紀陽銀行は台風20号のときに開設した窓口で引き続き相談を受ける。京都銀などは本人確認ができれば、通帳や印鑑、キャッシュカードを紛失した顧客の預金の引き出しに応じる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報