2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

業績ニュース

楽天地の19年1月期、純利益80%減予想 賃料収入が減少

企業決算
2018/9/5 20:30
保存
共有
印刷
その他

 映画館や温浴施設を手掛ける東京楽天地は5日、2019年1月期の連結純利益が前期比80%減の2億5000万円になりそうだと発表した。従来予想は78%減の2億8000万円だった。主力の「楽天地ビル」の大規模な改装で、リニューアル関連費用を特別損失に計上する。運営するコーヒーショップの閉店に伴う減損損失も響く。

 売上高は10%減の95億円、営業利益は51%減の8億円の見通し。主力ビルでの一部休館やテナントの入れ替えで賃料収入が減る。映画興行事業では前期にあったヒット作の反動で、運営する映画館の利用者が減る。

 同日発表した18年2~7月期の連結決算は、純利益が前年同期比74%減の1億7800万円、売上高は12%減の47億円だった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム