2018年11月19日(月)

11/19 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: RIZAP、「負ののれん」営業利益の6割に[有料会員限定]
  2. 2位: 藤田観光、リゾート施設「箱根小涌園」に誤算[有料会員限定]
  3. 3位: 「ソニー村」から「五反田バレー」に[有料会員限定]
  4. 4位: 相場波乱でも投信で勝ち残るには[有料会員限定]
  5. 5位: 19日の株価材料(新聞など・17~19日)円、1ドル=112円台後半に上昇[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,760.82 +80.48
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,770 +120

[PR]

業績ニュース

楽天地の19年1月期、純利益80%減予想 賃料収入が減少

企業決算
2018/9/5 20:30
保存
共有
印刷
その他

映画館や温浴施設を手掛ける東京楽天地は5日、2019年1月期の連結純利益が前期比80%減の2億5000万円になりそうだと発表した。従来予想は78%減の2億8000万円だった。主力の「楽天地ビル」の大規模な改装で、リニューアル関連費用を特別損失に計上する。運営するコーヒーショップの閉店に伴う減損損失も響く。

売上高は10%減の95億円、営業利益は51%減の8億円の見通し。主力ビルでの一部休館やテナントの入れ替えで賃料収入が減る。映画興行事業では前期にあったヒット作の反動で、運営する映画館の利用者が減る。

同日発表した18年2~7月期の連結決算は、純利益が前年同期比74%減の1億7800万円、売上高は12%減の47億円だった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム