/

クラウドワークス、スキル売買を12月終了

クラウドソーシング大手のクラウドワークスは5日、個人同士で得意なスキルを売買できるネットサービスを12月17日付で終了すると発表した。終了する「WOW!me」(ワオミー)は2016年11月に開始。個人の作品やスキル、趣味、アイデアなどを出品して、誰でも買うことができる個人間取引(CtoC)サービスだった。

同社は企業が発注する仕事に個人が応募するクラウドソーシング事業が主力。今後は中期経営計画に基づき、同事業やフィンテック事業などに経営資源を集中していく。

スキルシェアを巡っては、サービス提供企業がここ数年で急増し、競争が激しくなっている。収益性も低下しているもよう。メルカリは8月、利用者が伸びずに開始4カ月で終了している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン