2018年11月15日(木)

九電、2原発でフジクラ不正製品を確認

環境エネ・素材
九州・沖縄
2018/9/5 16:56
保存
共有
印刷
その他

電線大手フジクラの品質不正問題で、九州電力は5日、保有する2カ所の原子力発電所の光ケーブルで不正製品が使われていたことを明らかにした。九電は性能上の不具合は確認されておらず、安全上の問題もないとしている。原子力規制委員会に報告した。

フジクラとグループ会社の不正製品の光ケーブルが使われていた。玄海原発(佐賀県玄海町)では作業員の被曝(ひばく)線量を管理する設備などで、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)では防災ネットワーク設備などで使用が確認された。

【関連記事】
フジクラ、品質不正73品種 電力や防衛省に納入

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報