/

サイバーエージェントを採用、日経平均銘柄入れ替え

日本経済新聞社は5日、日経平均株価を構成する225銘柄のうち、1銘柄を定期見直しにより入れ替えると発表した。市場流動性の観点からサイバーエージェントを採用し、業種セクター間の銘柄数の過不足調整により古河機械金属を除外する。10月1日の算出から入れ替える。サイバーエージェントのみなし額面は250円。

日経平均株価から古河機械金属を除外することに伴い、同銘柄を10月1日に日経平均高配当株50指数の構成銘柄からも除外する。同時に銘柄補充は実施せず、来年の定期入れ替え時に50銘柄に戻す。

日経株価指数300は定期見直しにより1銘柄を入れ替える。10月1日にキーエンスを採用し、日本車両製造を除外する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン