2018年9月19日(水)

公明代表が訪中、習近平氏と会談調整 9日まで

政治
中国・台湾
2018/9/5 20:00
保存
共有
印刷
その他

 【北京=根本涼】公明党の山口那津男代表は5日、北京に到着した。2009年の代表就任以来、中国を訪れるのは5回目。習近平(シー・ジンピン)国家主席との会談を調整している。今年は日中平和友好条約締結40年の節目だ。10月に検討する安倍晋三首相の訪中や、19年の習氏の来日の実現に向けた環境整備を後押しする。天津市も訪れ、9日に帰国する。

 山口氏は出発に先立ち、羽田空港で記者団に「当面、両国の首脳が往来することが重要な目標となる。実現できるような環境を整えていきたい」と述べた。首相から習氏宛ての親書を託されて訪中した。「首相から関係改善の意気込みを親書にしたためたとうかがっている。ぜひ、習氏にお会いして直接届ける機会をいただきたい」と話した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報