日本サッカー世界への挑戦

フォローする

森保ジャパンに期待する「チーム一丸」の戦い
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/3ページ)
2018/9/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

森保一監督が率いるサッカー日本代表は9月11日、コスタリカ代表との国際親善試合(大阪府吹田市)で2022年ワールドカップへの第一歩を記すことになった。7日に予定していたチリ戦(札幌市)が6日未明に北海道を襲った大地震の影響で中止になったためだ。中東のカタールで開催される22年大会は11月21日開幕の予定。同監督には50カ月間の準備期間が与えられていることになる。もちろん、アジア予選を戦いながらではあるが……。

U-21(21歳以下)日本代表の監督も兼ね、1日の決勝までインドネシアで戦うことになった森保監督。最初のメンバー発表は8月30日に西ジャワ州ボゴールで行う異例の対応だった。

国際親善試合に臨む代表メンバーをインドネシアで発表する森保監督=共同

国際親善試合に臨む代表メンバーをインドネシアで発表する森保監督=共同

「ワールドカップに出場していた選手で、基本的に海外でプレーしている選手の招集は、今回は見送った」(森保監督)

選手発掘も強いチームづくりも

ロシア大会の日本代表にはJリーグから8人が加わっていたが、レギュラーとしてプレーしたのはDF昌子源(鹿島、25)の一人。その昌子は7月下旬に左足を痛めてまだ復帰していない。残る7人のうちGK中村航輔(柏、23)も7月の脳振盪(しんとう)の影響で試合から離れている。

この2人以外の6人はワールドカップ後に欧州に移籍したDF植田直通(鹿島→セルクル・ブルージュ、23)とDF遠藤航(浦和→シントトロイデン、25)を含め全員選出された。しかしその後、MF山口蛍(C大阪、27)とMF大島僚太(川崎、25)が負傷して代表を辞退。「ロシア経験者」は植田と遠藤のほか、GK東口順昭(G大阪、32)とDF槙野智章(浦和、31)の計4人だけとなった。

ただし、この形は11日のコスタリカ戦(大阪市)を含め9月の2試合だけになるかもしれない。森保監督は22年までの日本代表の中心となると思われるDF吉田麻也(サウサンプトン、30)、MF原口元気(ハノーファー、27)、柴崎岳(ヘタフェ、26)ら経験豊富な選手たちを10月の2試合(新潟市、さいたま市)、あるいは11月の2試合(大分市、愛知県豊田市)で招集する心づもりでいるからだ。

今年いっぱいは国内での親善試合6試合で選手選考をしつつチームを固めればよいが、来年1月にはアジアカップ(アラブ首長国連邦)がある。さらに19年9月にはワールドカップ予選も始まる。経験のある選手を加えながらも4年後を見据えた新しい選手の発掘は続くだろうが、森保監督は早急に「強いチーム」をつくることも求められている。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
仙台―川崎の後半、逆転ゴールを決め跳び上がって喜ぶ川崎・小林(右)=共同共同

8月末まで「入場者5000人」の「超厳戒態勢」を維持することになったJリーグで、川崎フロンターレが独走している。
 7月4日に再開されてから勝ちっ放しの7連勝。勝ち点を22に伸ばし、2位(セレッソ大阪、 …続き (8/6)

札幌の練習を見守るサッカー日本代表の森保監督(千葉市)=共同共同

 7月11日から5日間、今春完成したばかりの「高円宮記念JFA夢フィールド」(千葉市)で男子U-19(19歳以下)日本代表のトレーニングキャンプが行われた。3月に米国で行われた国際親善大会「シービリー …続き (7/23)

大分・田中(右から2人目)は後半途中から出場。2点目のゴールを決め、肘タッチで喜ぶ=共同共同


 リモートマッチ(無観客試合)ながらようやく再開したJリーグ。7月4日に約4カ月半ぶりの試合を行ったJ1では、期待以上の激しさが見られた。
 そうしたなか、今後の戦いに少なからぬ影響を与えそうなのが、今 …続き (7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]