2018年9月20日(木)

ジャパネットたかた創業者「地銀合併、時代の流れ」
長崎地銀再編を聞く

金融機関
九州・沖縄
2018/9/6 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 長崎県佐世保市で創業し、年商2000億円ほどまでに育ったジャパネットたかた。地元、佐世保市を地盤とする親和銀行を傘下に置くふくおかフィナンシャルグループ(FG)と県内最大手の十八銀行の経営統合は、創業者、高田明氏の目にどう映るのか。

 ――ふくおかFGと十八銀が統合し、長崎には巨大な金融機関ができます。

 「なるようになったということでしょう。銀行に限らず、たとえば家電量販店の業界でも合従連衡が起き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報