近畿で台風の影響続く 交通網・学校・観光施設

2018/9/5 12:13
保存
共有
印刷
その他

近畿では台風21号の通過から一夜明けた5日も交通網の混乱が続いた。大阪市は登下校の安全が確保されていないとして小中高校などを休校したほか、観光施設も休業が続いた。

JR西日本の京阪神地区の在来線は、線路設備の点検などにより大阪環状線など8路線で始発から運転を見合わせる区間が出たほか、一部路線で列車の本数を減らして運行した。特急列車は110本以上が運休した。

南海電気鉄道は始発から全線で運転を見合わせたほか、近畿日本鉄道は一部の路線で始発から運休したり列車の本数を減らしたりした。

大阪市教育委員会は5日、計70以上の市立小中高校と幼稚園を臨時休校にした。台風21号の影響による停電や校舎の窓ガラスの破損、登下校の安全が確保されていないことなどが理由という。

休校にしたのは少なくとも小学校44校、中学校20校、高校6校、幼稚園8園。大阪市では4日も小学校289、中学校130、高校20、幼稚園54の全市立校園が休校した。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)は前日に引き続き5日も休業した。台風21号による強風で植栽などが散乱したため、補修や清掃をするという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]