2018年9月19日(水)

アルゼンチン、通貨最安値 トランプ氏支援表明後も続落

中南米
2018/9/5 10:00
保存
共有
印刷
その他

 【キト(エクアドル)=外山尚之】アルゼンチンの通貨ペソは4日、対ドルで前日比3%安となる1ドル=38.9ペソで取引を終え、終値で過去最安値を更新した。アルゼンチンのマクリ大統領はトランプ米大統領に国際通貨基金(IMF)の追加支援の実施に向け後押ししてもらうなど市場の懸念払拭に動いたが、通貨安が止まらない状況が続く。

 アルゼンチンでは中央銀行が政策金利を60%に引き上げたほか、政府が緊急財政再建策を発表した。マクリ氏は4日、トランプ氏と電話で協議し、トランプ氏から「マクリ氏のIMFとの契約を強く奨励し、支援する」との言質を得たと発表したが、ペソは続落した。

 アルゼンチンのドゥホブネ財務相は同日夕方(日本時間5日朝)、訪問先のワシントンでIMFのラガルド専務理事と会い、追加支援策について話し合った。会談後「9月後半にも理事会の投票にかけるべく、試している」と発言。ラガルド氏は「我々の共通の目標はIMF理事会に提案するため、早期に結論を出すことだ」と述べ、早期支援に意欲を見せた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報