2018年9月20日(木)

融資資料改ざんで特別調査委 TATERU

住建・不動産
2018/9/4 22:20
保存
共有
印刷
その他

 アパートの施工、管理を手がけるTATERUは4日、建設資金の借り入れ希望者の預金残高データを改ざんしていた問題で外部の弁護士らによる特別調査委員会を設置したと発表した。顧客の預金残高を改ざんしたケースが他にも無かったかなどを調べる。調査期間は3カ月程度を見込み、「延長の可能性もある」としている。

 同社を巡っては、アパート建設資金の借り入れ希望者の預金残高データを改ざんして残高を水増しし、融資審査を通りやすくして山口県の西京銀行に融資申請していた問題が発覚。融資は最終的に実行されなかったが、同社は事実を認めたうえで、同様の改ざんが他にあったかどうかについても「調査中」としていた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報