雪印メグミルク野田工場、牛乳生産管理のモデル

2018/9/4 20:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

雪印メグミルク野田工場(千葉県野田市)は1日あたり約150トンの生乳を処理する首都圏の旗艦工場だ。牛乳やコーヒー牛乳、ヨーグルトなど約60種類の商品の製造を手掛けている。コンピューターで生乳の受け入れから製品化までを制御するシステムを導入するなど、全国の工場の土台となる生産体制を築いてきた。

原料となる生乳は千葉や栃木、茨城の関東各地から輸送される。乳脂肪比率や細菌数など12項目を検査したうえで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]