/

この記事は会員限定です

紙おむつ素材も「脱プラ」 ダイワボウレーヨン

[有料会員限定]

ダイワボウホールディングス傘下の繊維メーカー、ダイワボウレーヨン(大阪市)は紙おむつに使われるプラスチックの一種、ポリプロピレンを代替できるレーヨンを開発した。2~3年後をめどに紙おむつメーカーの採用を目指す。木材を主原料とするレーヨンは地中などで自然分解される。海洋汚染防止のための「脱プラスチック」の動きに対応する。

開発した「エコリペラス」は本来吸水性があるレーヨンの表面をはっ水性の高い非フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン