2018年11月21日(水)

パネル投資競争、台湾2社も脱落
AUOとイノラックス、日本を圧倒→中韓に後れ

エレクトロニクス
中国・台湾
アジアBiz
2018/9/4 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台湾の液晶パネル専業2強の友達光電(AUO)、群創光電(イノラックス)の苦境が深まっている。かつて韓国勢とともに日本勢を衰退に追いやったが、いまは中国の京東方科技集団(BOE)や韓国勢に押され、投資競争の第一線からはじき出された。主要市場であるテレビとスマートフォン(スマホ)向けの規模の争いと決別し、クルマ向けなど隙間市場に活路を求める。

8月末に台北で閉幕したディスプレー展示会「Touch T…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

半導体は競争力保つ TSMC、技術力でけん引[有料会員限定]

2018/9/4 22:33

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報