/

この記事は会員限定です

いすゞ、トヨタEV連合に参加 次世代技術開発に備え

[有料会員限定]

いすゞ自動車トヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術を開発する企業連合に参加することを決めた。技術者を派遣し、今後、商用車でも普及すると見込まれるEVの基盤技術を取り込む。いすゞとトヨタは8月、12年間にわたる資本関係を解消したが、次世代技術の標準化など資本を含まない協力関係は続け、商品化で先行する海外勢に対抗する。

トヨタとマツダデンソーの3社は2017年9月にEVの基盤技術を開発する「EVシー・エー・スピリット」を設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン