/

この記事は会員限定です

石破氏「政治手法も争点」 消費税10%の先、国民会議で議論

[有料会員限定]

自民党の石破茂元幹事長は4日、日本経済新聞のインタビューで、自民党総裁選(7日告示―20日投開票)に向けて、経済政策や党運営のあり方に関する「手法が争点になる」との考えを示した。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の効果が出ているうちに、急激な高齢化に備えた社会保障改革を議論すると訴えた。消費税率を10%に引き上げた後の社会保障の姿を新設する国民会議で示すと表明した。

石破氏は「めざすものは一緒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン