2018年9月26日(水)

リーマン危機が招いた米民主主義の葛藤
編集委員 小竹洋之

トランプ政権
リーマン10年
ニュースこう読む
コラム(経済・政治)
経済
北米
(1/2ページ)
2018/9/5 6:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米国にポピュリズム(大衆迎合主義)が広がり、トランプ大統領を担ぐに至った原因については、識者の間でいまも論争が続く。ひとつは文化的な側面を重くみる立場だ。

■トランプ大統領誕生の背景は「地位喪失の恐怖」

 米ペンシルベニア大学のダイアナ・マッツ教授は4月の論文で、2016年11月の大統領選でトランプ氏を勝利に導いたのは、経済的な不安ではなく地位喪失の恐怖に駆られた国民だと指摘した。白人や男性、キリス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報