2018年11月18日(日)

ロシア艦艇28隻が宗谷海峡通過 冷戦後最多

政治
2018/9/4 9:43
保存
共有
印刷
その他

防衛省は3日、ロシア海軍の艦艇28隻が宗谷海峡をオホーツク海から日本海側に向けて通過したと発表した。一度に宗谷海峡を通過した隻数としては、冷戦終結後、公表ベースで過去最多という。領海侵犯や自衛隊艦艇などへの危険な行為はなかった。

防衛省によると、1日午後9時半ごろから2日午後4時ごろにかけ、海自の護衛艦などが宗谷岬の北東約210キロの海域を西に進む情報収集艦や駆逐艦、フリゲート艦など28隻を発見。その後、宗谷海峡を西に進むのを確認した。

防衛省は「目的については確たることが言えないため差し控える」としているが、ロシア国防省が8月28日に「太平洋艦隊の戦術演習計画に基づき、日本海およびオホーツク海で40隻の戦闘艦艇、ミサイル艇等が活動中である」とホームページで公表していたという。

宗谷海峡のロシア海軍の通過はこれまで、2012年7月1日から2日にかけて、26隻が今回とは逆に日本海からオホーツク海側に通過したのが冷戦終結後最多だった。

〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報