2018年9月24日(月)

関西・東海で工場休止、百貨店やUSJも

エレクトロニクス
自動車・機械
関西
中部
社会
2018/9/4 8:48
保存
共有
印刷
その他

台風21号の影響による運転見合わせを知らせる看板が設置されたJR大阪駅の改札(4日午後)=共同

台風21号の影響による運転見合わせを知らせる看板が設置されたJR大阪駅の改札(4日午後)=共同

 非常に強い台風21号の接近を受けて、経済活動への影響が広がっている。工場の操業停止は関西や東北、九州など広い範囲に及び、商業施設でも関西の主要な百貨店などが4日を休業にした。鉄道の運休などで従業員の通勤に支障が出ることが予想されることもあり、全社的に出社を控えるように呼びかける企業も多い。

 関西で4日に工場の操業を見合わせたのは、パナソニック三菱電機日立造船、サントリーホールディングス、クボタなど。パナソニックは草津地区(滋賀県草津市)にあるエアコンや冷蔵庫の工場、クボタは大阪市内の本社のほか農機やエンジンをつくる堺製造所(堺市)などが対象だ。

 パナソニックは大阪府門真市にある本社に勤める従業員に対し、4日は無理な出社を控えるとともに、在宅勤務や年休、半日年休の活用を促した。住友ゴム工業ではJR西日本を使って通勤する人の有給休暇の取得が相次ぎ、4日の午前9時時点の出社率は2割にとどまった。

 四国では大塚ホールディングスが、グループ食品や医薬品の生産拠点が集積する徳島工場エリア(徳島市)の生産を一部停止した。

 生産停止は全国に広がっている。トヨタ自動車は愛知県内にある車両や部品の全11工場について、夕方から稼働を止める。子会社がトヨタ車を生産する三重県や岐阜県、東北や九州の工場も夕方から休止する予定だ。

 東海地方ではホンダが鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)とグループのホンダオートボディー(三重県四日市市)の操業を終日取りやめる。北陸ではコマツが粟津工場(石川県小松市)の操業を4日午後から止めることを決めた。

 商業施設の休業も相次いだ。関西では主要な百貨店が4日を休業に。阪急阪神百貨店は阪急うめだ本店(大阪市)など関西の12店全てを休業にしたほか、大丸松坂屋百貨店、高島屋近鉄百貨店も関西全ての店舗で営業を見合わせた。

 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」(大阪市此花区)も、4日を営業中止にした。終日営業を中止するのは17年ぶりという。

 イオンも関西の6カ所のショッピングセンター(SC)で専門店街や映画館などの終日休業を決めた。ただSC内で食品・日用品などを扱う総合スーパー(GMS)は開店して、台風の状況を見ながら営業を判断する。

 外食大手でも関西を中心に休業にする店舗が相次いでいる。ロイヤルホールディングスは大阪府や兵庫県などの「ロイヤルホスト」46店舗で午前や昼の営業を見合わせ、開店時間を午後5時に繰り下げる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報