2018年11月17日(土)

電炉の値上げ相次ぐ 資材や運賃など、コスト増に備え

環境エネ・素材
2018/9/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電炉の製品値上げが相次いでいる。下半期が始まる10月から、価格改定による資材や運賃の値上がりが予想されている。堅調な需要を追い風に、電炉各社は値上げして製造コスト増加に備える構え。メーカー値上げを受けて、今後は流通価格も上昇しそうだ。

厚板メーカーの中部鋼鈑は9月契約分から1トン当たり5千円値上げする。「さまざまな資材コストや輸送コスト上昇が一層顕著になっている」(中部鋼鈑)と指摘。需要が好調に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報