/

この記事は会員限定です

EV向け次世代電池を試作 長岡技科大の本間准教授

(新潟創造人)

[有料会員限定]

電気自動車(EV)の次世代電池として期待される「全固体電池」の開発競争が活発だ。長岡技術科学大学の本間剛准教授と日本電気硝子は、正極材にナトリウム系の結晶化ガラスを使う「全固体ナトリウムイオン2次電池」の試作品を開発した。本間准教授に新型電池の特徴や用途などを聞いた。

――全固体電池と従来の電池の違いは何ですか。

「電解質に可燃性の液体を使う電池が一般的だが、全固体電池は発火の恐れがない。蓄電量も多い。EVに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン