2018年9月22日(土)

EV向け次世代電池を試作 長岡技科大の本間准教授
(新潟創造人)

自動車・機械
北関東・信越
2018/9/3 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 電気自動車(EV)の次世代電池として期待される「全固体電池」の開発競争が活発だ。長岡技術科学大学の本間剛准教授と日本電気硝子は、正極材にナトリウム系の結晶化ガラスを使う「全固体ナトリウムイオン2次電池」の試作品を開発した。本間准教授に新型電池の特徴や用途などを聞いた。

 ――全固体電池と従来の電池の違いは何ですか。

 「電解質に可燃性の液体を使う電池が一般的だが、全固体電池は発火の恐れがない。蓄電量…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報