/

この記事は会員限定です

リックス、インド進出計画 ニーズ細かく対応

[有料会員限定]

ニッチトップを極めろ――。明治40年(1907年)創業で、工作機械などに使われる部品で国内で高シェアを誇るリックスが海外拠点を拡充している。2017年度は韓国とインドネシアに子会社を設けたのに続き、今年中にもインド進出を計画。実現すればアジアの主要国の大部分をカバーする。きめ細やかな保守サービスなどを提供する体制を整え、海外でも存在感を高める戦略だ。

リックスは履物の卸問屋として創業。その後は鉄鋼や自動車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン