実務家教員、広がる養成 講座開講や大学連携

2018/9/3 19:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

起業やビジネスの経験を生かして大学などで教える「実務家教員」を養成する取り組みが始まっている。社会人が大学などで学び直し、仕事に生かす「リカレント教育」の担い手として期待されており、短期間で教授法を学べるプログラムも近く開設される。文部科学省も2019年度から、こうした取り組みを財政支援する考えだ。

学校法人先端教育機構(東京・港)が運営する事業構想大学院大には電機メーカーや小売り系企業の社員、…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]