2018年11月21日(水)

中小企業などのルーター管理 NTT西日本

環境エネ・素材
関西
2018/9/3 19:32
保存
共有
印刷
その他

NTT西日本は3日、同社管内の企業がLAN(構内情報通信網)を構築するときにインターネットと複数の情報端末をつなぐルーターの包括管理サービスを始めた。NTT西が遠隔操作で設定変更するなどして管理の手間を軽減。IT(情報技術)に不慣れな中小企業もクラウドサービスを活用して生産性を高められるようにする。

導入企業の本社や出先事務所といった複数のLAN環境を一括管理することで、運用の業務負担を減らせる。NTT西のサポートセンターが導入企業のヘルプデスクを代行し、故障発生時は専門員が駆けつける。NTT西の独自サービスで、このような仕組みのルーター管理サービスは「業界でも珍しい」(担当者)という。

基本的な利用料金は7年契約でルーター1台あたり月額4000円(税別)。同社の対象プランに入っていれば1000円を割り引きする。ルーター導入の初期費用は無料で、同社があらかじめ設定作業を済ませる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報